ノベルティグッズはどんなときに生産されるのか

ノベルティグッズはどんなときに生産されるものなのでしょうか。色々なケースが想定されますが、第一に考えられるのは大規模なイベントが開催される時です。企業の新製品発表会や業界人に向けにサービスやモノを告知、展示する大規模なイベントの際に、多くの企業が宣伝効果を狙ってノベルティグッズを準備します。イベント場の自社ブースを訪問してくれたクライアントに、ノベルティグッズを手渡す事でより自社の魅力を印象づける事が出来るためです。その効果は皆が考えている以上に絶大であり、ノベルティグッズというお土産があるかないかで大きくその後のリアクションが変わってきます。またクライアントの方としても取引先のブースをただ訪れて説明やPVを見るだけでは、記憶に残りやすいものです。ノベルティグッズを受け取る事で全ての情報が綺麗に脳内に残る、そんなメリットがあります。

新規開店や新規参入を試みる店舗や企業も挙って制作します

続いて、ノベルティグッズが大量生産される第二のケースです。そのケースとは、いわゆる新規開店や新ビジネスの立ち上げ時になります。新しく店舗をオープンなさったオーナーの方、あるいは既存のビジネスとは違う新しい分野に参入し始めた企業の経営者が、挙ってノベルティグッズを制作します。両者とも新規参入という共通点があります。その業界では新参者になりますので、ノベルティグッズを制作し、ユーザーに配布する事で、知名度アップを狙わなければいけません。新規開店のお店は、ユーザーに自社名やサービス名がプリントされたノベルティグッズを無料で手渡す事が多く、お客さんの第一印象を効果的にアップさせる宣伝効果が望めます。また道行く人々がノベルティグッズを持っているため、オープン初日の売上を爆発的にアップさせる、スタートダッシュの効果も得られます。

ノベルティグッズは効果的な「テコ入れ」対策です

そして最後に考えられる第三のケースに関してです。ノベルティグッズは売上が伸び悩む企業や店舗が、売上回復を狙って制作する事もあります。ライバル店や競合他社に顧客をごっそり奪われてしまった時は正攻法では立ち向かえません。相手の資本が巨大であれば、特に困難です。ノベルティグッズを言わば、オマケとして配布すれば、チラシやポスター以上に宣伝効果が狙えます。少ない投資で最大の宣伝効果が得られる、それがノベルティグッズの長所です。それこそ個人経営の小規模店舗でも依頼は出せますし、小ロットで多品目のグッズ制作もお願い出来ます。可愛いキャラクターグッズに日本の若者や女性は弱いです。売上が伸び悩む時期は、正攻法のマーケティングにこだわらず、ノベルティグッズでピンチを脱すれば、再び安定した収益が稼げます。